キャッシュフロー改善との相性が抜群!

当ウェブサイトの題名でもあるように、ファクタリングと言うのはキャッシュフローの改善との相性が抜群!なのは間違いない事実です。ファクタリングの説明もしてきましたが、数ヵ月後に入金される売掛金がすぐに手元に現金として入ってくるのですからね。

これでキャッシュフローが改善されないわけがありません。キャッシュフローが改善され続ければ、売上、利益がアップする度に会社を大きくする事も出来ます。また、ファクタリングによって資金サイクルを早めることで、中には滞納している税金などの支払いに廻すことも出来るでしょう。

これが出来ると、銀行からの借入れも再開出来る可能性も出てくるのです。それぐらいキャッシュフローの改善!と言うのが会社にとって非常に重要な事なのですね。

また経営者がいつも頭を抱えている「売掛債権の回収」の心配もかなり減らす事が出来るようになります。本当に回収出来るのかな?あの取引先、本当に大丈夫か?なんていう心配は経営者の頭の中にはつき物となっています。

これも解消出来るのがファクタリングでもありますので、キャッシュフローの改善との相性はもちろんですが、社長の心配事も少し減らせるというわけなのです。

ただファクタリングにもデメリットのような事はあります。それについては、ファクタリングのデメリットってなんぞや?でご紹介していきたいと思います。