ファクタリングのメリットってなんぞや?

ファクタリングとは、企業と企業(自社と取引先)との商売で生じた売掛債権を金融機関やファクタリング業者が買取り、その回収を代行するものです。ファクタリングのメリットとも言えるのですが、この企業(自社)の短期の資金調達手法の一つとして活用されています。

現在、長く続いた不況の影響もあり、かなりの中小企業でこのファクタリングの活用が増加しています。経営者にとって一番頭が痛いのがお金の回収です。経営者なら毎日悩んでしまうのが売掛債権の回収と言っても良いのではないでしょうか。

もちろん業界にもよりますが、中小企業が抱えている売掛金の回収までには数ヶ月間、業種や取引先によっては半年後というようなケースも非常に多くあります。その間、資金繰り(キャッシュフロー)が厳しい企業が非常に多い。このような場合、ファクタリングを活用すれば資金繰りが改善できる可能性が出てきますね。簡単に説明しますと、売掛債権をファクタリング会社に売却するわけです。そうすれば売掛債権を現金化することが出来るのです。

このファクタリングですが、利用してみようと思った場合、インターネットで検索すればたくさんのファクタリング会社が出てきます。また取引がある銀行に話を持っていくのも早いでしょう。

都市銀行などは、ほとんどファクタリングを行う別会社がありますので相談に乗ってくれます。この増加しているファクタリングですが、いわゆる「一括ファクタリング」の需要が高まっています。

このファクタリングを活用すれば、各種支払いや借入金の返済にも早期に取り組めますね。しかも借入れではありませんので、融資が受けられない状態の経営者でも利用する事が出来ます。売掛金さえあれば、ですけどね。

これもファクタリングの大きなメリットと言えると思います。それにバランスシートなどもかなりスリムにする事が出来ますので、経理面でも活躍してくれるファクタリングと言えるのです。