キャッシュフローは会社の命!

会社を運営していく為にはキャッシュフローを改善する事が一番重要!と言っても過言ではありません。ひとたびキャッシュフローが悪化してしまうと、一気に悪い方向へ進みだしてしまいます。キャッシュフローと言うのは、商品、サービスの提供など仕事を行って、それを取引先に請求をします。そのお金が入金されて、また同時に他の仕事もする。この繰り返しで、お金が会社の中をグルグルと回っている状態ですね。

もちろん、売上のお金で次の仕事をすると言ったようにお金を廻さなくても良いような状態であれば健全な会社経営と言えるでしょう。しかし実際にはそこまで余裕のある企業も多くはありません。

キャッシュフローを改善する為には、お金を銀行から融資してもらったりする事が多いですね。ビジネス的には、請求書を送ったらすぐに入金されるようなビジネスモデルが一番良いのですが、そうはいきません。

30日後、60日後、90日後といったように、仕事をしても支払いが取引先によってかなり先になるケースもしょっちゅう出てきます。これを乗り切りながら、日々の経費も使いながら会社を切り盛りしていくと言う事ですね。

ただこのキャッシュフローがいきなり悪くなってしまう事があります。取引先の不渡り、倒産、急な仕入れによる出費、大きな受注が入った為に必要になるお金、など良い事も悪い事も踏まえると、瞬間的に大きなお金が必要になる事もあるのです。

こうなると資金的に余裕のない会社は一気にキャッシュフローが悪くなってきます。それなのに以前完了させた仕事のお金が入ってこない。たったこれだけの事で一気に会社は傾く事もあります。

そこでキャッシュフローの改善をするには資金調達をする必要が出てくるのですが、設備投資などの場合なら比較的、銀行からの融資も受けやすいのですが、運転資金となるとそうもいきません。

またこれ以上融資を受ける事が出来ないぐらい借りている、というような会社も少なくありませんよね。銀行マンに「お金を貸してくれー」と言っても丁重に断られる事も経験がある人もいるかと思います。

そこで急な出費に対応出来るのがファクタリングという資金調達方法になります。このファクタリングと言うのは、先に入金される予定の売掛金を買ってくれる会社が存在するのです。ファクタリングの細かい内容については後日ご紹介していきますが、資金繰りが厳しい企業を助けるファクタリングを利用するだけで大幅なキャッシュフローの改善をする事が出来るのです。

別ページ「ファクタリングとはなんぞや?」もご覧くださいね。