ファクタリングのデメリットってなんぞや?

中小企業の資金調達として便利で助かる仕組みと言うのがファクタリングの一番の特徴ですが、やはりファクタリングを活用する企業にもデメリット的な事はあります。ファクタリングと言うのは、取引先の信用度、売掛金がいくらあるのか?この2点がまずクリアーしなくてはならない部分です。

売掛金がないのにファクタリングは活用出来ないという事ですね。また売掛金がある取引先があまりにも小さい会社であったり、信用がない企業だったりするとファクタリングを利用する事が出来ない場合もあります。 続きを読む →

キャッシュフロー改善との相性が抜群!

当ウェブサイトの題名でもあるように、ファクタリングと言うのはキャッシュフローの改善との相性が抜群!なのは間違いない事実です。ファクタリングの説明もしてきましたが、数ヵ月後に入金される売掛金がすぐに手元に現金として入ってくるのですからね。

これでキャッシュフローが改善されないわけがありません。キャッシュフローが改善され続ければ、売上、利益がアップする度に会社を大きくする事も出来ます。また、ファクタリングによって資金サイクルを早めることで、中には滞納している税金などの支払いに廻すことも出来るでしょう。 続きを読む →

ファクタリングのメリットってなんぞや?

ファクタリングとは、企業と企業(自社と取引先)との商売で生じた売掛債権を金融機関やファクタリング業者が買取り、その回収を代行するものです。ファクタリングのメリットとも言えるのですが、この企業(自社)の短期の資金調達手法の一つとして活用されています。

現在、長く続いた不況の影響もあり、かなりの中小企業でこのファクタリングの活用が増加しています。経営者にとって一番頭が痛いのがお金の回収です。経営者なら毎日悩んでしまうのが売掛債権の回収と言っても良いのではないでしょうか。

もちろん業界にもよりますが、中小企業が抱えている売掛金の回収までには数ヶ月間、業種や取引先によっては半年後というようなケースも非常に多くあります。その間、資金繰り(キャッシュフロー)が厳しい企業が非常に多い。 続きを読む →

ファクタリングってなんぞや?

ファクタリングってなんぞや?という事で、ファクタリング自体の説明をしたいと思います。一見、怪しい感じがしませんか?売掛金を買い取ってくれるって普通に考えればそんな事あるの?って思うのが普通かもしれません。

ただこのファクタリングと言う資金調達方法は欧米では古くから利用されている仕組みで、主に中小企業を中心に利用されている方法なのです。上場しているような企業では、色々な資金調達方法が存在しますし、投資をしてくれる人達もたくさんいるでしょう。

でも中小企業と言うのは、株式会社でも株はあってないような物。とても株を買ってくれる人達なんて現れません。そんな中小企業の資金調達としてファクタリングが注目を集めてきているのです。 続きを読む →

キャッシュフローは会社の命!

会社を運営していく為にはキャッシュフローを改善する事が一番重要!と言っても過言ではありません。ひとたびキャッシュフローが悪化してしまうと、一気に悪い方向へ進みだしてしまいます。キャッシュフローと言うのは、商品、サービスの提供など仕事を行って、それを取引先に請求をします。そのお金が入金されて、また同時に他の仕事もする。この繰り返しで、お金が会社の中をグルグルと回っている状態ですね。

もちろん、売上のお金で次の仕事をすると言ったようにお金を廻さなくても良いような状態であれば健全な会社経営と言えるでしょう。しかし実際にはそこまで余裕のある企業も多くはありません。 続きを読む →